肩や腰、ヒザの痛みや悩みを解消する運動

肩こりや首のこりの原因とは?

 

肩こりや首のこりなどに苦しんでいる人も多いようですが、その原因は筋肉が硬くなってしまったからなのです。肩や首の周りにある筋肉には細い毛細血管が通っています。この毛細血管を通して、酸素や栄養分が筋肉に届くようになっていますが、一方でこの毛細血管から老廃物や二酸化炭素を排出する働きもあります。

 

しかし、肩こりや首のこりなどでその周囲の筋肉が硬くなってしまうと、中に通っている毛細血管が圧迫され、血液の流れが悪くなってしまいます。そうなると、筋肉に届けられるはずの新鮮な酸素や栄養分が行き届かなくなるだけでなく、排出されるはずの老廃物や二酸化炭素が、そのまま筋肉の細胞内に溜まってしまうので筋肉が硬くなってしまうのです。

 

そして、このような状態が長く続くと筋肉の力も次第に衰えてきます。そうならないためには、硬くなってしまった筋肉のある場所の血液の流れを良くすると、肩こりや首のこりなども解消します。また、出産後のダイエットにも効果のある血液の流れを良くするには、硬くなった筋肉の周りを揉んだリ叩いたり、温めたりするなどの外部からの刺激を与えることが有効です。

 

肩こりや首のこりなどに効くおすすめのエクササイズ運動

 

ここからは、肩こりや首のこりなどに効くおすすめの運動をご紹介しましょう。まず、肩こりに効く運動としては、肩を寄せて上げるエクササイズが有効です。

 

1.両足を肩幅ぐらいに開いて、背筋を伸ばし真っ直ぐ立ちます。
2.次に、両ヒジを曲げて脇を締め、両肩を目いっぱい上げます。
3.その状態から、両ヒジを引きながら両肩の骨を後ろに回すようにしながら下ろします。この時、肩甲骨を寄せて、上げながら下ろすように意識してみましょう。

 

次は、首のこりに効く運動です。ここでおすすめなのが、首を横に捻って止めるエクササイズです。

 

1.先程と同じように、両足を肩幅ぐらいに開いて、背筋を伸ばし真っ直ぐ立ちます。
2.そこから首だけを右側に目いっぱい捻ったところで、10秒間キープします。
3.その後、首を元の状態に戻し、今度は左側に目いっぱい捻ったところで、10秒間キープします。
4.このエクササイズを、左右交互に5回行いましょう。

 

こうすることで、肩や首の周りの血行が良くなりますので、その部分の筋肉に新鮮な酸素や栄養分が行き渡るようになり、また、筋肉の細胞内に溜まっている老廃物や二酸化炭素の排出が促進されます。その結果、硬くなってしまった筋肉が柔らかくなり、肩こりや首のこりもだいぶ良くなりますよ。

四十肩や五十肩の痛みの原因と解消のためのオススメ運動

 

年齢を重ね40代や50代にもなると、四十肩や五十肩の痛みに悩む人が多くなってきます。ちなみに、病院の外来で「肩が痛い」と言って受診する方の半分くらいは、四十肩や五十肩・・・

 

続きを読む >>

 

腰痛の原因と痛みを解消するためのオススメ運動

 

腰の痛みというのは、筋肉や骨が直接な痛みを発するのではなく、その周囲に張り巡らされている神経が圧迫されることにより、痛みを感じるようになります。その原因は、一般的に腰を支える筋肉が衰えることで・・・

 

続きを読む >>

 

ヒザの痛みの原因や解消するためのオススメ運動

 

膝の痛みの悩みを抱える人は、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)が原因の方が多いようです。この変形性膝関節症というのは、大腿骨と脛骨(けいこつ)をおおうように付いている関節の軟骨が・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ